このページのポイント

色は強度にかからわないので好きなカラーを選べば良い
地味系が定番だが最近は色とりどりの派手系カラーも人気がある
汚れの目立ち難さを考えると色の濃い地味系のカラーがおすすめ

スーツケースおすすめボディカラーと人気色について

スーツケースの色については好きなものを選ぶのが一番です。ソフトケースですとビジネスユースなどが多いため、必然的にブラックやグレーなど地味系の色が中心になります。

しかし、ハードケースですと、ブラックやグレーなどの定番のカラーはもちろんのこと、赤や青や黄色や緑やオレンジや紫など実に色とりどりのラインナップが見られます。中にはピンクや白などのカラーが用意されているモデルも見受けられます。

どのカラーが良いということはありませんので好きなカラーを選ぶのがおすすめです。好きな色のものを購入したほうが愛着も湧いてきます。ボディ素材や各パーツなど強度に直接関係する部分は慎重に選ぶ必要がありますが、カラーは好きに選べば問題ありません。

人気色はどんな色なの

人気のカラーはやはり定番の黒や紺など地味系の色になります。ビジネス使用の方が選ぶのはもちろんのこと、海外旅行需要でも老若男女問わずに人気があります。

まずはどのような服装にも合うという点があります。でかいスーツケースはなかなかファッションの一部とするには難しいアイテムです。あくまでお洒落は服装や手持ちのバッグなどでするもので、スーツケースは単なる荷物の輸送手段になります。

あまりファッショナブルなデザインですと汚れやすくなり、装飾など施されたものは海外の空港で引きずられて取れてしまったりする恐れがあるため、シンプルデザインのもののほうがおすすめです。あくまで目立たずにどのような服装にも合うようなものがおすすめです。

またこの手のキャリーバッグは大きさが非常に大きいため、家での保管が一苦労です。そのため1つ購入して家族で使いまわすというケースが多くなっています。家族で使いまわすには個性的なカラーよりも皆が違和感なく使える地味系の色のほうが好都合なのです。

ただ、地味系一辺倒だった一昔前とは異なり、今では割りと派手系のカラーも満遍なく売れている印象です。鏡面ですと鮮やかな発色でカラフルな色のほうが見栄えが良いので、色とりどりのカラーが売れています。ブルー、レッド、ライトグリーン、オレンジなど結構派手な色も売れています。

ピンクや白やライトパープルなどあまりにもどぎつい色はあまり売れません。これらの色はかなり汚れやすいということもあるので嫌厭されているのかもしれません。

同じような真っ黒なスーツケースばかりですと、空港でターンテーブルからキャリーバッグが出てきた際に見つけづらいということもあります。派手なカラーのボディに派手なスーツケースベルトを組み合わせたほうが容易に判別しやすいのは確かです。

おすすめカラーはズバリ地味系です

派手系も人気がある今日ですが、それでもおすすめなのは地味系の濃い色なのです。その理由はやはり汚れの目立ち難さです。どんな色を買っても汚れることは間違いなく汚れます。

海外の空港での旅行カバンの扱いは乱暴ですので、投げられ引きずられするごとに、床や壁や他の旅行カバンとぶつかりあって、傷がついたり塗料や汚れがついたりします。これはどうしても避けられません。

こういった汚れがついた時に目立ちにくいのは、地味系の濃い色のボディなのです。黒や紺や、ネイビーやガンメタ、濃いパープルや深緑やダークブラウンなど濃い色のほうが汚れは目立ちません。

逆に、淡いパステルカラーや白などは最も汚れが目立ちます。ボディ色が薄ければ薄いほど汚れが目立ち、非常に汚らしくなってしまいます。購入時に可愛いカラーであればあるほど、使い込んでいくと見窄らしくなっていきます。

衣服などでも淡い色ほど痛みやほころびが目立ちやすいと思いますが、投げられて引きずられて1回預けるごとにキズや汚れが確実に増えていくスーツケースはこの比ではありません。

新品の状態で店頭に並んでいる時のイメージだけではなく、使い込んで汚れていった時のことも考えてカラーを選ぶのがおすすめです。

特に白などの汚れ方は悲惨です。衣服でも白の汚れやすさは特別だと思いますが、スーツケースの白も悲惨なことになります。どうしても好きなら仕方ないですが、出来ることなら避けたいカラーです。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!