このページのポイント

スーツケースのボディはポリカーボネートやABSなどの強い樹脂でできている。
最近はポリカーボネート100パーセントの軽量のモデルが増えてきている。
ポリカーボネート100%はボディがペコペコしているが、見た目より頑丈。
ただし、薄いポリカ100%は一昔前のABSの分厚いボディよりは強度は下です。
同じポリカーボネート100%でも一流メーカー製と激安品ではまるで別物

スーツケースのボディーの素材の樹脂について

現代のハードタイプのスーツケースのボディはほとんどのものが樹脂でできています。

ポリカーボネートやABSなどの樹脂を複合的に組み合わせることで、
高い強度と軽量性を実現しています。

スーツケースのボディーの素材は

スーツケースのボディーには実に多くの素材が使われています。

大きく分けてハードケースとソフトケースに分かれますが、
当サイトではハードケースを前提に解説しているので、ソフトケースは除外します。

ハードタイプのスーツケースは、プラスチックの樹脂でボディーが形成されています。

よく使われているのがABSとポリカーボネートです。
ABSもポリカーボネートも耐衝撃性に優れた樹脂です。

従来はABSが主流でしたが、
最近はABSよりも更に衝撃に強いポリカーボネートが増えてきています。

ABSとポリカーボネートを組み合わせて形成されたスーツケースもあります。

一般的にポリカーボネートの方が優れていて高価ですので、
高価なスーツケースに使われていることが多いようです。

丈夫な素材は重量にも重要

平均的なABSよりも、ポリカーボネートの方が、密度が若干高いため、わずかに重いのですが、
強度がその差以上に高いため、同一重量ではポリカーボネートの方が頑丈です。
したがって、同一重量では、より薄く軽いスーツケースを作れるのです。

ポリカーボネートは非常に強度が高く薄くても丈夫なため、100%ポリカーボネートのスーツケースは、
薄いペコペコしたスーツケースが多いのですが、素材自体が頑丈なので問題ありません。
薄い分重量が軽く軽量性に優れたスーツケースになります。

このペコペコ感が嫌いな方は、分厚く固いABSのスーツケースを選びましょう。
ただし、重量は重いものが多いですが。

ただ、あまりにも限界を超えて薄く、あまりにもペコペコなものは、
一昔前のABSの厚いボディよりは強度に劣ります。

また、安物でペコペコのものは強度に問題があるのでおすすめできません。
ペコペコしていても丈夫なのは、ある程度高価なポリカーボネート100パーセントのスーツケースです。

同じポリカーボネート100%でも雲泥の差がある

昨今はポリカーボネート100%のスーツケースが増えてきて、安物のスーツケースでもポリカ100のモデルが多くなってきています。
そうなると、高い一流メーカー製でも、激安品でも同じなのではないのかと思いがちですが、全然違います。
同じポリカーボネート100パーセントでも、実際の性能には月とスッポンほども違いがあります。

まず、一流メーカー製は独バイエル社や帝人化成など日米欧の有名素材メーカーのポリカーボネートを使用しています。
一方の激安品は中国の化学メーカーのポリカーボネートなど質の劣るものを使っているのです。
安い商品は、さらに真空形成後にトリミングした端材を再度溶かして何度も使用したりするため、不純物が入り強度が落ちたりするわけです。
さらにペレットからポリカシートを作る機械も中国の機械メーカー製だったりすると、均一な厚みにならなかったりして強度が落ちます。

表記だけ見れば同じようなポリカーボネート100%ですが、その実情はぜんぜん違うものなのです。
品質が保証された一流メーカー製をおすすめするのはそういったわけです。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!