このページのポイント

スーツケースのボディはポリカーボネートやABSなどの強い樹脂でできている。
最近はポリカーボネート100パーセントの軽量のモデルが増えてきている。
ポリカーボネート100%はボディがペコペコしているが、見た目より頑丈。
ただし、薄いポリカ100%は一昔前のABSの分厚いボディよりは強度は下です。
同じポリカーボネート100%でも一流メーカー製と激安品ではまるで別物

スーツケースのボディーの素材の樹脂について

現代のハードタイプのスーツケースのボディはほとんどのものが樹脂でできています。

ポリカーボネートやABSなどの樹脂を複合的に組み合わせることで、
高い強度と軽量性を実現しています。

スーツケースのボディーの素材は

スーツケースのボディーには実に多くの素材が使われています。

大きく分けてハードケースとソフトケースに分かれますが、
当サイトではハードケースを前提に解説しているので、ソフトケースは除外します。

ハードタイプのスーツケースは、プラスチックの樹脂でボディーが形成されています。

よく使われているのがABSとポリカーボネートです。
ABSもポリカーボネートも耐衝撃性に優れた樹脂です。

従来はABSが主流でしたが、
最近はABSよりも更に衝撃に強いポリカーボネートが増えてきています。

ABSとポリカーボネートを組み合わせて形成されたスーツケースもあります。

一般的にポリカーボネートの方が優れていて高価ですので、
高価なスーツケースに使われていることが多いようです。

丈夫な素材は重量にも重要

平均的なABSよりも、ポリカーボネートの方が、密度が若干高いため、わずかに重いのですが、
強度がその差以上に高いため、同一重量ではポリカーボネートの方が頑丈です。
したがって、同一重量では、より薄く軽いスーツケースを作れるのです。

ポリカーボネートは非常に強度が高く薄くても丈夫なため、100%ポリカーボネートのスーツケースは、
薄いペコペコしたスーツケースが多いのですが、素材自体が頑丈なので問題ありません。
薄い分重量が軽く軽量性に優れたスーツケースになります。

このペコペ%E

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!