このページのポイント

普通のモデルは3万円台まで。4万円以上は付加価値の付いた高級品。
性能は2,3万円台で頭打ちで4万円以上になっても変わらない。
お金に糸目をつけないブランド志向の方なら高級品もあり。

4万円台5万円台以上の価格帯のスーツケースについて

スーツケースやキャリーバッグなどのキャスター付きの旅行カバンを選ぶ際に、価格は最も重視されるファクターの1つではないでしょうか。

この手の旅行カバンは1万円以下の激安価格帯のものから10万円を超える超高級品まであります。最も売れ筋なのは1万円台の商品で、ネットショップ等ですと激安の1万円以下のものも売れ筋になっています。

高い価格の商品ですと、2,3万円台が国内大手メーカーの中心価格帯となっていて、これ以上の4万円台からの商品は高級品となります。

国内大手メーカー製は3万円台までですので、4万円以上となると何らかの付加価値の付いた商品ということになります。

例えばドイツ製の有名ブランドのリモワなどはその典型例で、国内のメーカー製でしたら2万円台程度のレベルの商品が7万円台などの値段となっています。これは性能が優れているから高いのではなくブランド代です。

また、大手メーカーでは唯一日本国内でスーツケースを製造しているエース鞄のプロテカは、4万円台~6万円台がメイン価格帯ですが、これは当然国内製造の日本製という付加価値が付いているからです。

2,3万円台以上になっても性能は変わらない

リモワもプロテカも、他の大手国内メーカーの製品より大幅に優れているわけではありませんが、値段は高価なのです。これはブランドや日本製という付加価値であり、性能が優れているから高いわけではないのです。

1万円以下の安物と2,3万円台の有名メーカー製では明らかに性能が違います。強度や軽量性や使い勝手や質感などまるで違います。しかし、2,3万円台のメーカー製と4万円以上の高級製品には明確な違いはありません。

単純に日本製か中国製か、ブランド価値が有るか否かという違いに過ぎません。したがって性能と値段を総合的に考えれば4万円を超えるような高級品を買う意味はあまりありません。

性能的には2,3万円台の製品で頭打ちなのです。4万円台以上のスーツケースは、他人とは違うものを持ちたい、お金に糸目をつけずに少しもで高級なものが欲しい、などブランドなどを重視する方向けになります。

このサイトでもしつこいくらいに繰り返していますが、高いキャリーバッグを購入しても運が悪いと壊れる時は壊れますので、安い鞄を買って壊れたら買い直すのが一番なのです。

1万円以下は明らかに質が劣りますので、1万円台のコスパの良い製品を購入して壊れたら買い直すのが一番コスパが高いのです。

以前は私は2,3万円台の有名メーカーのメイン価格帯の製品群をおすすめしていましたが、やはりどれだけ高いものでも壊れるときは壊れますので、安めの良い製品を購入しておいて壊れたら買い直すのが一番良いと考えるようになりました。 1万円台のスーツケースはコスパが最高
www.suit-case.net

他人と差を付けたいなどブランド志向の人のみ4万円以上の高級品に手を出しましょう。5万円のスーツケースを購入して運悪く1フライトで壊れたらショックは計り知れません。

逆に壊される恐れがない機内持ち込みサイズの購入を考えているようでしたら、高い高級品もありだと思います。頑丈なスーツケースは海外の空港で投げられたりしない限り、かなり長く使えます。

一定のサイズ以下の荷物は、機内に持ち込むことができます。 ほとんどの航空会社で、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内 (かつ55cm×40cm×25cm以内)の荷物を機内に持ち込めます。
www.suit-case.net

高級品おすすめのモデル

4万円以上の高級モデルのおすすめのモデルをご紹介いたします。海外のブランド品も良いですが、やはり北海道にある国内工場で製造された日本製のプロテカがいいですね。


第一位 プロテカ レクト

エース鞄のフレームハードケースプロテカレクトです。下で紹介しているエキノックスライトαは、あまりに軽すぎて強度が心配なのと、あまりにも高すぎるので、こちらのレクトで十分な気がします。

●貴重なメイドインジャパン。大手メーカーで日本で作っているのはエースだけ。
●厚いフレームに割れにくいポリカーボネートのボディ
●体感音量を30%削減した4輪サイレントキャスターを搭載


第二位 プロテカ エキノックスライトα

いわずと知れた国内有名メーカーのエース鞄のフラッグシップモデルです。
このエース鞄というメーカーは2004年までサムソナイトをライセンス生産していたメーカーです。中国などの工場に生産委託するメーカーが多くを占める中、安価なモデルを除いて国内自社工場で生産を行っているメーカーです。
フラッグシップモデルではあるのですが、あまりにも高すぎるので破損したら怖いところではあります。また軽量性が行き過ぎな気もします。どうしても軽量なものを望むのでなければ、上で紹介したレクトで良い気がします。

●フレームタイプのハードケースとしては最高レベルの優れた軽量性
●貴重なメイドインジャパン。大手メーカーで日本で作っているのはエースだけ。
●体感音量を30%削減した4輪サイレントキャスターを搭載


この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!





値段カテゴリの人気記事