1万円以下がコスパで人気!安いスーツケースおすすめランキング

1万円以下の激安商品は非常に強度の脆いものが多いためおすすめできません。その理由は旅行カバンの価格と性能をご参照ください。簡単に言えば原価の問題で、小売価格で1万円以下ではまともな商品を提供するのが困難なのです。

激安品や格安品は、すぐに壊れてもいいから安い物が欲しい方のみ購入するべきです。とにかく安いものがほしい方に人気の価格帯です。

ちなみにネットですと定価30000円の品が7800円などという表記で販売されていることが多々ありますが、まず間違いなく二重価格です。今売られている価格が本来の値段ですのでだまされないようにしましょう。

格安・激安キャリーバッグ(1万円以下)

ここでは1万円以下の価格帯の激安スーツケースのおすすめモデルをランキング形式でご紹介いたします。

何度も繰り返しますが性能は値段なりです。まともな商品を望むなら最低でも1万円台からのおすすめモデルを選んでおいたほうが間違いありません。

ただ、原価がフレームより安いファスナーを選んで、なるべくお金がかかっていそうなモデルを選べばそこそこ良いものはあります。見ただけではなかなか分からないといえば全くその通りなのですが・・・


フレーム部分は原価が高く、安く作ろうとすると他の部分にしわ寄せが行くため、1万円以下の激安品ならファスナーモデルのほうがおすすめです。こちらは割安な価格ですが、容量を拡大できるエキスパンダブル機構や大型ダブルキャスターを備えた意欲的な商品です。ファスナーにしてはやや重めに感じるかもしれませんが、これはポリカーボネート100%ではなくABSとの複合板であるためです。安い製品はポリカ100だと質の悪い中国の化学メーカーのポリカが使われるため、軽くても非常に割れやすいのです。少し重くてもABSとの複合板の方がおすすめです。軽いものを望むなら1万円台からの商品にする必要があります。

●1万円以下ながら大型ダブルキャスターやエキスパンダブル機構を備える
●余計な部分にコストを掛けていない分、安いなりに基本性能を重視した質実剛健な造り


製品原価自体が年々上がっている中でフレームタイプが1万円以下はかなり頑張っているでしょう。実際儲けは非常に薄いと思います。トントン覚悟レベルの客寄せ商品ですね。
細かい作りの良さまで求める人はこんな安い値段のものを購入するべきではありません。使い捨て感覚で使う人のみが購入スべき価格帯です。この値段でこれだけのものが購入できれば大満足でしょう。変なノーブランド品や、ネットのショップブランドの安物を買うよりもよほど良いです。

●大手メーカー シフレ製のフレームハードケースが1万円以下で購入できるのはお得


この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!