このページのポイント

ストッパー付きキャスターだと空港までの電車移動で便利
少しだけ重くなるなどのデメリットもあるが気にするほどではない
キャスター部分ではなく離れた場所にスイッチが有るタイプがおすすめ

スーツケースのストッパー付きのキャスターについて

キャスターはスーツケースのパーツの中でも性能の要になる重要パーツです。
第一に強度で、第二に転がり易さ、見栄えなどは二の次三の次です。

頑丈で転がりやすいことが重要なキャスターですが、近年は全体のレベルが底上げされてきていて、よほど安物ではない限り簡単に壊れるキャスターというのは少なくなりました。

そこで差別化のために色々な付加価値が付いたキャスターが登場していて、大径キャスターや人気のダブルキャスターに始まり、サイレントキャスターや消耗したら簡単に交換できるキャスターなんてものまで登場しています。

今回話題に取り上げるストッパー付きのキャスターもその1つです。ストッパー付きキャスターというのは、スイッチひとつで車輪が回転しなくなるキャスターです。サイドブレーキをかけたように車輪が全く回転しなくなります。

メリットは有るのですか

これは地味になかなか便利な機能で、空港までの電車移動などで効果を発揮します。

電車に立った状態で乗っていると、スーツケースをどこに置くのかが非常に重要になります。当然自分の側にキャスターを下にして立てた状態で置くのが一般的ですが、キャスターを下にすれば当然ゆれや電車の加速減速で動いてしまうことがあります。

そのため、乗っている間ずっとハンドルを手で握って抑えておく必要があるのです。ところがストッパー付きのキャスターでロックしておけば、多少の揺れや加減速では全く動きません。

特に中身が重かったりすると揺れに逆らい常に抑えておくのは負担になります。そのため、付いていればなかなか便利な機能といえます。

デメリットも少しだけあります

なかなか便利な機能ではありますが、逆にデメリットもあります。

デメリットと言っても大したことではありませんが、後述のキャスターと離れた位置にスイッチが有るタイプは、機構自体が大きいので若干の重量増になります。また本来絶対必要ではない余計な機構が付いているわけですから、故障の原因にもなり得ます。

また、普通のキャスターよりも高価ですので、当然お値段の高い高級モデルに付いていることが多いのも気になるところです。スーツケース全体の値段からするとたかが知れた差ですが、それでも安いモデルにはなかなか採用しにくいものです。

さらに非常に重たい荷物で、大きな揺れなどがあった時に完全に手を離していると、倒れてしまう恐れもあります。ストッパーが付いているからとはいえ安心せずに、手を添えるくらいのことはしておきたいところです。

キャスターにスイッチがあるものは使いにくいかも

ストッパー付きといっても色々なタイプが有り、キャスターのハウジングにスイッチが付いたものと、スーツケースのボディなどキャスターから離れた場所にスイッチがあるものがあります。

キャスター付近にスイッチがあるものは、屈んでスイッチの開け閉めをする必要があるので面倒です。ロックを掛けておいていざ移動しようとした時にすっと歩き出せないので不便です。また、4輪中の2輪にスイッチが付いているモデルが多いため、2箇所開け閉めしないといけないのも大変面倒です。

一方離れた場所にスイッチが有るタイプは、ボディの上の方にスイッチがあったりするので、屈まずに立った状態で簡単にロックと解除を行うことが出来ます。また1箇所のスイッチで2輪のオンオフを制御できるため非常に便利です。

ということで、キャスターから離れた位置にスイッチが付いているタイプのほうが断然使い勝手が良くおすすめです。まあその分機構も複雑になり、高価で故障が心配ですが。あと機構が複雑な分、重さも結構プラスになります。

おすすめできますか

結論としてこの手の機能がついたキャリーバッグはおすすめできるのかということですが、まあ付いていれば悪くはないのではないですか程度ですね。

わざわざストッパー機能が付いたモデルを探すほどではない気がします。というより最近ストッパー付きのモデルが以前ほど無いような気がします。一時期は流行りなのかよく見かけましたが、最近は一時期ほど見かけません。

まあその事実自体が、あまりストッパー付きのモデルが大して人気がないという証拠であり、別に重視する機能ではないことを表しているのですが。

確かにあれば便利ではあるのですが、別に無くても大きく困らない機能ということなのです。購入するモデルに付いていれば悪くは無いかなという程度の機能ですね。

逆に際立って大きなデメリットもないので、付いていたら避けたほうが良いというものでもありません。どうしても機能が欲しい場合はストッパー機能付きのモデルに絞って探すのも良いでしょう。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!


各パーツについてカテゴリの人気記事