このページのポイント

老若男女問わずに使えるのは濃色系の地味なもの
誰にでも合う最強の色で最も人気があるのは紺(ネイビー)
汚れが目立ち難いという観点からも派手なカラーよりも濃い地味系が良い

老若男女問わず使えるキャリーバッグの人気カラーとは

購入するキャリーバッグのモデルを決めて、サイズも選んだ、あとは購入するだけだという状態で、最後にもう一つ選ぶ必要がある項目があります。

そう、ボディーのカラーです。デザイン重視で選んだ方は、モデルを決める際に先にカラーで選んだ人もいるかもしれませんが、当サイトを参考に必要な機能や値段と性能の兼ね合いでモデルを選択した方は、最後に色を選択する必要があります。

カラーは好きなモノを選ぶのが一番良いとは思いますが、なかなか決めかねる方も多いようで、人気のカラーはどれですかという質問はよく来ます。また、色によっては汚れ易いものもあるので注意が必要です。

結論から言ってしまいますと、一番人気があるのは紺や濃いブルー系です。次にブラックや濃いパープル、濃いワインレッドなど濃い落ち着いた感じのものが人気です。

以前はシルバーなども一番老若男女問わず使える色で一定の需要がありましたが、最近はそれほど売れていないようです。

当サイトでも汚れの目立ち難い濃い色をおすすめしていますが、人気は濃いものに集まっているようです。特に紺系は老若男女問わず使えるため、家族で使い回すことも出来て大変人気があります。

淡いパステルカラーや派手な赤やピンクなどでなければ男性が持っても違和感のあるカラーは少ないですし、女性は比較的どんな色でも合います。ただ、女性でブラック系は好まない方もいるようです。

そういった意味では、やはり紺(ネイビー)やシルバーなどは老若男女問わずに幅広い方に使っていただけるカラーであるといえます。

汚れが目立ち難いおすすめカラー

紺やシルバーあたりを購入しておけば無難ですが、購入しようと思ったモデルにそのカラーがない場合は、濃い色をおすすめします。

淡い色は汚れやすいので、汚れが付着しても目立ち難い濃いカラーのほうが無難です。

また、人を問わず使えるというテーマで考えると、落ち着いた濃い色にしておけば男性でも女性でも若くてもご年配の方でも使えます。

汚れやすい非奨励の色

当サイトでも何度も解説していますが、明るい系や淡い色は汚れが付いた時に目立ち易いためおすすめできません。

店頭で見た時や新品の時はかわいいデザインでも、キャリーバッグは1回でも海外旅行に出れば傷や汚れが付いて帰ってきますので、どんどん汚くなってしまいます。

純白の白や淡いピンクなどカワイイ色のキャリーケースは最悪で、数回使えば汚れが目立ち見窄らしい姿になってしまいます。新品の時カワイイからという理由で購入せずに、何度も使っていくことを考えてカラーを選びましょう。

ただ、空港で荷物を預けずに済む機内持ち込みサイズのスーツケースを購入する場合は、この限りではありません。航空会社に預けなければ大きく汚れることはありませんので、比較的カワイイデザインでも全く問題ありません。

鏡面よりエンボスが良い

老若男女問わずに使えるカラーというテーマで考えれば、鏡面加工のボディであろうとエンボス加工のボディであろうとどちらでも問題ありません。

ただ、何度も解説している通り、ハードケースの鏡面加工はエンボス加工よりも汚れ易いため、おすすめできません。できればエンボス加工のスーツケースを選んだほうが無難でしょう。

買いたいモデルが鏡面加工のみでエンボスが選べない場合は、やはり黒や紺などの濃い色を選ぶほうがましです。鏡面でシルバーなどの明るめのものを選ぶと非常に汚れ易いです。

エンボス加工と鏡面加工 どちらが優れているのか? 結論から申し上げれば、間違いなくエンボス加工がおすすめです。最近は、見た目の美しさ、華やかさから、鏡面加工に人気があり、メーカーのラインナップでも鏡面加工が多くなっておりますが、鏡面加工はおすすめできません。
www.suit-case.net

この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!

人気の記事