リモワの修理について

必要十分な強度を持ったリモワのスーツケースも雑に扱われ破損することがあります。
修理については、正規代理店の他に一般の修理業者でも取り扱っているところもあります。

国内正規品リモワの修理

リモワの修理については、国内正規品の場合は、購入した販売店に相談するか、RIMOWA JAPAN株式会社へご相談する形になります。

購入した際に付属しているギャランティーカードが必要になります。

並行輸入品のリモワの修理

並行輸入品の修理は、正規代理店や正規品を取り扱っているショップでは受け付けてもらえません。

従いまして、リモワを修理してもわえる業者に、ご自身で依頼する必要があります。

有名なところでは第一ボデーなどがあります。

ただし、正規代理店の要請で、上記のような修理業者でも、並行輸入品は受け付けてもらえない時期もあったため注意が必要です。

2011年12月の時点では、第一ボデーさんでは、平行輸入品の修理も受け付けてくれるという回答でした。

RIMOWAの修理料金とメーカー保証

リモワの修理料金は、壊れた箇所や状態によるため一概には言えませんが、やはり一般的なスーツケースよりも高額です。値段も高い高級品ですので、維持費も高いのは仕方がありません。

正規品はオンライン登録すると5年間、登録しないと2年間の保証が付帯しています。しかし、この保証は航空会社により破損させられた場合は適用されないという使いものにならないものです。

スーツケースは多くのメーカーは保証がついていませんが、一部欧米ブランドには3年ないしは5年保証が付いています。しかし、どのメーカーも軒並み航空会社による破損は保証されないという、ほぼ保証が無いに等しい見掛け倒しの保証もどきなので意味がありません。

スーツケースの故障は99%航空会社に預けた際に発生いたします。ここが保証されない保証など、まるで意味をなしません。5年保証なんて流石だ!と騙されないようにしましょう。

サムソナイトやリモワなどの保証は肝心の航空会社による破損は保証外
www.suit-case.net

この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!