このページのポイント
キャスターはスーツケースのパーツで一番故障しやすく磨耗しやすい。
キャスターは物によって大きく性能が違うので、見極めが重要。
ある程度の価格以上のメーカー製なら、良いキャスターが採用されている。
小さいより大きい車輪の方がスムーズで磨耗も少ないが、大きく差はない。
ダブルキャスターは、石畳などには強いが、あまり意味はない。

スーツケースのキャスターについて

スーツケースを構成するパーツの中で最も重要なパーツがキャスターです。
ぶつかった際の衝撃に強いことはもちろん、使い込んだ時のために磨耗に強いことも重要です。

スーツケースの耐久性能はキャスターで決まる

スーツケースの性能でキャスターほど差の出るものはありません。

スーツケースの修理や買いなおしが必要となるケースは、
空港で乱暴に扱われて破損するケースと、
使い込むことにより消耗して寿命が来るケースがあります。

破損は様々な箇所が破損しますが、やはり、キャスターや取っ手や鍵の機構など、
出っ張っている箇所が破損するケースが圧倒的です。
中でも破損確立ナンバーワンがキャスターです。

スーツケース修理会社で働いた経験のある私が言うのですから間違いありません。

正確には、キャスターそのものの破損と、
キャスター周りのボディの亀裂が、非常に多いのです。

使い込むことによる消耗は、破損以上にキャスターに集中しており、ほとんどがキャスターです。
破損は、キャスターが多いだけで、他の箇所が壊れないわけではありません。
しかし、消耗して使えなくなるのは、圧倒的多数がキャスターです。
スーツケースのパーツの中で、唯一の回転機構で、擦り減るパーツですので当然といえるでしょう。

キャスターの性能によって、破損確立には大きな違いがあります。
丈夫なキャスターと、もろいキャスターの違いは顕著です。

スーツケースレンタル会社で働いていた経験上、
安物のスーツケースのキャスターは驚くほど良く壊れます。

一方、一流メーカーのケースはキャスターがしっかりしており、
破損することはほとんどありません。

もっと顕著に差が出るのが、キャスターの消耗です。
いくら頑丈なキャスターでも、走行距離を重ねれば、徐々に擦り減って行きます。
この消耗の仕方に、驚くべき差が出るのです。

安物のスーツケースのキャスターは面白いほどに擦り減って行きます。
有名メーカー製の高いスーツケースのキャスターは安物よりは格段に消耗しにくいです。

※2014年追記:このサイトを作った2008年終わりごろと比べると、全体的にキャスターのレベルがあがってきました。最近は極端に壊れやすいキャスターは少なくなってきました。2000年~2005年ごろまでは一流メーカーのスーツケースのキャスターでもいまいちなものが散見されました。2005年~2010年ごろまではHINOMOTOのグリスパックキャスターをはじめ、一流メーカー品には頑丈なキャスターが必ず採用されるようになりました。2010年ごろからはノンブランド品でもかなり質の良いキャスターが採用されたり、安いキャスターの品質が上がってきたりで、以前のようにあっという間に壊れることは少なくなってきました。
以前はキャスター自体の破損が圧倒的でしたが、現在はキャスター自体ではなくキャスター周りのボディの割れなどの破損がほとんどです。

どんなキャスターのスーツケースがいいのか

キャスターは、スーツケースメーカーではなく、
スーツケースのパーツメーカーが製造しているケースがほとんどです。

従いまして、有名スーツケースメーカA社と有名スーツケースメーカーB社が、
同じスーツケースパーツメーカーC社のキャスターを採用しているようなケースもあるのです。

スーツケースパーツメーカーは実に多種のキャスターを製造しているため、
どのキャスターが一番優れているかを把握している人はおそらく存在しないでしょう。

高いスーツケースは、高性能なキャスターを採用している可能性が高いため、
やはりキャスターもスーツケースの値段によりけりです。

ただ、高くて頑丈なキャスターでも、消耗に差があるので注意が必要です。

例えば、走行中にグリスがキャスターに供給される、日乃本錠前のグリスパックキャスターなどは、
非常に消耗が少なく優秀です。


大きいキャスター or 小さいキャスター

スーツケースのキャスターには、従来からの小さなキャスターに加えて、
最近は大きなのキャスターが増えてきました。

一般的に大大きいのキャスターの方が優れているとされていますが、
それほど顕著な違いがあるようには思えません。

大きいのキャスターの長所としては以下ような点がよく挙げられます。

①段差や石畳に強い
②転がりやすい
③消耗しにくい

まあ、確かに上記の通りだと思いますが、
あえて大きなキャスターを選ぶほどのインセンティブは沸きません。

①には異論はありません。確かに大きいキャスターの方が段差や石畳には強いです。
とはいえサスペンションが付いているわけでもないので、大きいキャスターでもガタガタはしますが。

②もその通りですが、それほど差が無いように思えます。
車輪が車軸を1回転するごとに進む距離が大きいため、
同じ距離を進むと、大きいキャスターは、より少ない回転数で辿り着きます。

③従って、大きいキャスターはより少ない回転数で同じ距離を進めるので、
車軸付近の磨耗も少ないわけです。


ダブルキャスターについて

リモワなどの人気もあり、ダブルキャスターのモデルも増えてきています。

2重のタイヤで走行性が安定などと謳われていますが、それほど意味はありません。

石畳など細い車輪でははまってしまうような場所では有効ですが、
あえてダブルキャスターを選ぶ必要性を感じません。

わずかとはいえ、重さが重くなるのデメリットもあります。

選んだスーツケースがダブルキャスターであったら、それはそれで全く問題ありませんが、
あえてダブルキャスターを選ぶメリットは全く感じません。





この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!