このページのポイント
一定のサイズ以内の荷物だと飛行機の客室内に持っていくことができる。
航空会社に預けないと、壊れる恐れが無いという非常に大きなメリットがある。
荷物を受け取る手間もなく、先頭で税関に向かえるのもメリット。
その反面、入る荷物の容量が小さいというデメリットもある。
持ち込める小さなサイズならフレームよりもジッパーが良い。
購入するときは、キャビンサイズ最大容量のモデルを購入しよう。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグについて

一定のサイズ以下の荷物は、機内に持ち込むことができます。

ほとんどの航空会社で、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内
(かつ55cm×40cm×25cm以内)の荷物を機内に持ち込めます。

※座席数が100席以下の飛行機は、縦・横・幅の3辺の和が100センチ以内の荷物のみ持ち込めます。このサイズですとキャスター付きカバンとしては相当小さく、あまり実用的ではありません。

※LCCなどの格安航空会社では機内に持ち込めるサイズの規定が異なる可能性が有ります。


メリットとデメリット

メリット① 壊れにくい
既に解説したとおり、スーツケースが壊れるのは、
ほとんどのケースにおいて航空会社に預けたときです。

海外の空港では扱いが乱暴ですので、破損させられて帰ってくるケースが多いのです。

しかし、機内に持ち込めばこのような扱いをされることが無いので、故障知らずです。
これは非常に大きいメリットです。


メリット② 荷物を預ける手間が無い
機内に持ち込めるわけですから、当然荷物を預けたり、
ターンテーブルで荷物が出てくるのを待つ手間が無いわけです。

荷物が出てくるのを待つことなく、一番に税関へ向かえるのは、
地味に大きなメリットですね。


デメリット① 容量が小さい
持ち込めるサイズには制限がありますので、容量が小さくなってしまいます。

一般的に、機内持ち込みサイズのスーツケースの容量は、30リットル程度の容量になります。

30リットルですと長くても3日程度の渡航用になりますので、
長い渡航には厳しい容量となります。


フレームよりもファスナーがおすすめ

ハードタイプの鞄にはフレームのタイプとファスナーのタイプがあります。

当サイトでは、日本では特に人気があり、各社の商品郡の中心となっている、
フレームタイプのハードケースを選ぶことを前提に解説しています。

本来は、ファスナータイプでも強度的に全く問題ないのですが、
使いやすいことと防犯性の高さからフレームタイプを薦めています。

ただ、機内持ち込みサイズのような小さいサイズにおいては、
フレームよりもファスナーのキャリーバッグがお奨めです。

というのも、小さいフレームタイプだと見た目以上に中が狭くなり、
ただでさえ少ない容量がさらに少なくなってしまうためです。

また、機内持ち込みなら、ファスナーの部分がナイフで切り裂かれ中身を盗まれる心配もありません。フレームタイプの大きなメリットである防犯性も持ち込みなら関係ありません。


最大容量のキャビンサイズ対応モデル

長い渡航でも、機内に持ち込めるキャビンサイズのモデルを使いたい!もう少し容量が大きければ・・・
という声に応えて、近年、最大容量の機内持ち込みサイズというコンセプトの製品が発売されています。

設計の根本的な見直しにより、115センチ以内という制限に適合しながらも、
40リットル前後という大容量を確保している製品です。

縦・横・幅の比率を容積が最大になるようにして、
キャスターや取っ手などの突起部を減らすことにより、従来よりも大容量を実現しました。

従来の製品の30リットルに対して、40リットル前後の大容量ですので、機内持ち込みサイズを購入するのであれば、このような新コンセプトの製品以外に選択肢はないでしょう。


キャビンサイズの旅行カバンおすすめランキング

上で紹介した、キャビンサイズでありながら40リットル近い容量を実現したキャリーバッグの中から、代表的なモデルをご紹介いたします。


第一位 マックスキャビン2 (容量42リットル)
協和のHIDEO WAKAMATSUブランドの、キャビンサイズ対応の最大容量モデルです。
前型は格安でよかったのですが、この新型は一気に値段が上がりお得感が大幅ダウン。
ただ性能的には大幅アップを果たしました。特にキャスターのパワーアップが著しく、医療用キャスターの技術を取り入れた高性能キャスターになっています。
また容量も2リットル増え42リットルとなり、クラス最高レベルの大容量となりました。


第二位 ACTIVE CUBE SKIMAXα (容量39リットル)
サンコー鞄のキャビンサイズ対応の最大容量モデルです。
最大の特徴はエキスパンダブルで、荷物が増えたときはファスナーひとつで44リットルになります。
その場合は、機内には持ち込めなくなりますが。


第二位 プロテカ マックスパスHI(容量38リットル)
エース鞄のプロテカブランドの、キャビンサイズ対応の最大容量モデルです。
日本製とはいえ前モデルは4万円以上で高すぎましたが、新型は3万円台に収まり少し買い求めやすくなりました。それでも日本製のため値段が高価に高価なのは難点です。


この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!