このページのポイント

座席数100席以下の小型機に持ち込めるのは3辺の和が100センチ以内
100センチのキャリーバッグは20リットル台前半の容量であまりに小さい
キャスター付き旅行カバンよりリュックサックも検討したほうが良い

座席数100席以下の小型機に機内持込できるキャリーバッグについて

荷物を預けたり受け取ったりする手間がなく、海外の空港での荒い荷扱いで破損させられる恐れもなく、短期の渡航では人気が高まっているキャリーバッグの機内持ち込みですが、大手キャリアの国際線ですと3辺の和が115センチ以内というサイズ制限があります。

近年は115センチ以内という規定を満たしながら40リットル前後の容量を確保した、機内持ち込み最大サイズというコンセプトの商品も出てきて、旅慣れた方ですと荷物をコンパクトに纏め4,5日の渡航でも機内持ち込みで出かける方もいるようです。

近年、最大容量の機内持ち込みサイズというコンセプトの製品が発売されています。設計の根本的な見直しにより、115センチ以内という制限に適合しながらも、40リットル前後という大容量を確保している製品です。
www.suit-case.net

ただし、115センチ以内という規定は、あくまで大手キャリアの中型機・大型機の機内に持ち込む場合の規定になります。国内線のローカル線で使われる小型機や、国際線でもLCCなどの格安航空会社ですと、115センチ以内の規定よりも更に厳しいサイズ制限がありますので注意が必要です。

LCCをよく利用する方は、機内持ち込み最大サイズのキャリーバッグを購入する前に、自分が使う可能性のあるLCCに機内持ち込みできるのか調べておく必要があります。LCCに機内持込できるサイズは、各辺の上限が定められているところがほとんどです。
www.suit-case.net

LCCですと、3辺それぞれの長さがH56×W36×D23cm以内の規定の会社が多いので、持ち込めるモデルか結構限られます。容量も30リットル台前半が限界のようで、2,3泊程度の渡航が限界でしょう。

しかし、LCCにも増して機内持ち込みサイズの制限が厳しいのが、座席数100席以内の小型機の場合です。大手のキャリアであろうが、国際線であろうが、機材が座席数100席以内の小型機の場合は、持ち込めるサイズがかなり制限されます。

これはサービスの問題ではなく機体の構造的な問題で、制限を満たさない大きなサイズでは小型機の荷物棚には安全に収納できない可能性があるためです。

100席以内の小型機というと、主にエンブラエルやボンバルディアのプロペラ機になります。それほど乗る機会は多くありませんが、国内でもローカル路線では意外と運行されています。

小型機に持ち込めるスーツケースのサイズ

それでは座席数100席以内の小型機に持ち込めるサイズはどのようになっているのでしょうか。これも航空会社によりますが、国内大手2社は以下の通りとなっています。

JAL 3辺の合計が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)

ANA 3辺の合計が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)

両社ともに3辺の長さの和が100センチ以内となっています。たかが15センチの違いと思うかもしれませんが、このくらいのサイズですとこの15センチの違いが非常に大きいのです。

115センチ以内ですと40リットル前後の容量も可能ですが、100センチ以内になると20リットル台前半の商品しかありません。20リットル前半の容量というのはかなりの小ささです。

大人1人分の荷物が渡航1日あたり10リットル前後と言われていますので、1泊2日の渡航程度にしか使えないかなり小さなものになります。
ここまで小さいと、わざわざキャスターが付いたキャリーバッグではなく、背中に背負うリュックサックでも良いような気がします。

非常に厳しい100席以下の小型機の持ち込み基準に対応した超々小型のモデルもありますが、20リットル台前半というと小型のデイパックと変わらないレベルです。 日帰り登山に使う登山用ザックの必要容量が30リットル前後と言われていますので、日帰り登山者が背負うザックよりも容量が無いことになります。
www.suit-case.net

おすすめモデル

座席数100席以内の小型機の機内に持ち込めるサイズのスーツケースは非常に小さく使い勝手が悪いのですが、それでもどうしても持ち込みたいという方のために、超小型スーツケースのおすすめモデルをご紹介いたします。

非常に小さく需要自体あまりないので作っているメーカーも限られますが、それなりに選択肢は用意されています。LCCに持ち込めるギリギリのサイズを探すよりは、遥かに選択肢が多いですね。

(容量22リットル)
アジアンラゲージのファスナーハードケースです。お値段もそこそこお手頃で作りもしっかりしています。アジアンラゲージは2003年創業の比較的新しいスーツケースメーカーですが、最近は結構お店に並んでいるのを見かけ勢いを感じます。

(容量22リットル)
シフレのファスナーハードケースです。お値段が非常に安価で機能的にもしっかりしているので、超小型のスーツケースとしては選択肢の一つになります。ショップによっては奥行き21センチと表記されていて、それでは1センチオーバーしてしまうことになりますが、どちらが正しいのか曖昧なところです。ただ、どのショップでも100席以内持ち込み可能と表記されています。

(容量23リットル)
エース鞄のフラッグシップブランドのプロテカから超小型のソフトケースです。値段はかなり高価ですが日本製のキャリーバッグになります。この小さな鞄が4万円近いというのはあまりに高価過ぎますが、逆に壊れる恐れのない機内持ち込みだからこそ高価な良い物を買うという考え方もあるでしょう。

この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!

人気の記事