このページのポイント

LCCの機内持ち込みは115センチ規定以上に厳しいので注意!
国内の主要LCCではH56×W36×D23cm以内の規定が多い
なかなか条件に適合した商品がなくモデル選びは選択肢が少ない

LCCのスーツケース機内持ち込みサイズはまた違うので注意

旅行かばんの機内持ち込みサイズといえば、国内外の多くの航空会社で採用されている縦×横×幅の3辺の和が115センチ以内という基準があります。

100席以内の小型機ですとまた異なりますが、国内外の多くの航空会社がこの規定を採用しているため、この規定を満たす大きさでなるべく容量の最大化されたスーツケースを作ろうと各社工夫を凝らしています。

近年、最大容量のキャビンサイズというコンセプトの製品が発売されています。設計の根本的な見直しにより、115センチ以内という制限に適合しながらも、40リットル前後という大容量を確保している製品です。
www.suit-case.net

しかし、航空会社によってはより厳しい基準を導入しているところもあり、3辺の和が115センチ以内だけではなく、縦横幅それぞれが規定の大きさ以下でないと持ち込めないところもあります。

特にLCC(ローコストキャリア)の場合この傾向が顕著で、115センチ以内で最大容量に最適化されたモデルだと持ち込めない可能性があります。

普段、JALやANAなど国内のキャリアをはじめ、海外のナショナルフラッグシップキャリアばかり使っている方は問題ありませんが、LCCなど安い航空会社を使うことが多い方は注意が必要です。

LCCをよく利用する方は、115センチ以内で容量が最大になるように作られたキャビンサイズの最大キャリーバッグを購入する前に、自分が使う可能性のあるLCCに機内持ち込みできるのか調べておく必要があります。

また、実際の予約の前には、LCCの持ち込み規定が変更されていないか、必ず航空会社の公式サイトで確認してから予約・準備をするようにしましょう。

LCCで機内持ち込みできるサイズとは

LCCに機内持込できる大きさは、大手キャリアと同様に3辺の和が115センチ以内のところが多くなっています。ただし、同時に各辺の上限が定められているところがほとんどです。

したがって単純に3辺の和が115センチ以内であるだけではなく、各辺の長さがオーバーしていないか確認する必要があります。長さには当然キャスターやハンドルなどの出っ張り部分も含まれますので注意が必要です。

それでは国内の格安航空各社の条件を見てしましょう。やはり各辺の最大サイズがそれぞれ定められています。ピーチ・アビエーションは横幅と奥行きの規定が柔軟で最大容量のキャビンサイズモデルが持ち込めますが、他社は横幅の規定が厳しく適合したモデルはもっとずっと限られます。

日本国内の格安航空会社
ピーチ・アビエーション 3辺合計が115cm以内かつ各辺がH55×W40×D25cm以内

バニラ・エア H56×W36×D23cm以内

ジェットスター  H56×W36×D23cm以内

エアアジア H56×W36×D23cm以内

春秋航空日本  幅56cm×高さ36cm×奥行23cm以内

おすすめモデルランキング

見てきた通りLCCの条件は横幅と奥行きの制限が厳しいため、115センチ以内で容量を最大化出来るように縦横比を見直し幅広の形状になっている最大サイズの機内持ち込みモデルは、持ち込めないのが現実です。

そのため旧来のスーツケースのように縦長の長方形のもので、115センチ以内で最大容量のものを選ぶ必要があります。

おすすめできそうなモデルを色々探しましたが、この規定を満たす大きさのモデルが意外と少ないことに気付きました。

(容量33リットル)
エース鞄のace.ブランドのファスナーハードケースです。値段がプロテカほど高くないのがいいですね。ただ日本製ではなく中国製だとは思います。一番小さい47センチのものはLCCの条件に見事に適合しています。容量も33リットルと大きくはないですが最低限のラインには達しています。

(容量34リットル)
エース鞄のフラッグシップであるプロテカからソフトケースです。見事にサイズに適合していて、容量も34リットルあるものの、やっぱり高いです。日本製とはいえ高すぎますね。機内持ち込みは壊れる可能性が低く長く使えるので、高価な良い商品を購入しておくという考え方もあるでしょう。

(容量37リットル)
HeMブランドのファスナーハードケースです。実はこれは番外編です。幅が37センチと厳密には1センチオーバーしています。ただ、1センチ位はごまかせるようで幾つかのLCCに持ち込んでいますが問題ありませんでした。お値段も手頃でデザインもお洒落で容量も37リットルあるので結構おすすめだったりします。ただ、幅が厳密には1センチオーバーしているのが気になります。せっかく良い商品なのに、メーカーは何故LCCに適合させようとしないのでしょうか?理解できません。

この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!