このページのポイント

2,3万円台の旅行カバンは大手メーカーのメイン価格帯
1万円台の製品と大きく性能が違うことはないが、質感や仕上がりが違う。
変な商品に当たりたくないなど無難で安心な選択肢としては良い。

2万円台から3万円台のおすすめスーツケースと人気モデル

フレームタイプのハードケースを購入するなら、1万円台の商品が一番おすすめであることは既に述べてきました。

やはりどれだけ高いものでも壊れるときは壊れますので、安めの良い製品を購入しておいて壊れたら買い直すのが一番良いと考えるようになりました。1万円台のスーツケースはコスパが最高
www.suit-case.net

機能的には1万円台のモデルで十分なのですが、少し質感の高い一流メーカーのメイン価格帯である2,3万円台のスーツケースが欲しいという方も少なくはないでしょう。

そこで、今回は国内有名メーカーのメイン価格帯である商品について解説していきたいと思います。

おすすめのキャリーバッグを聞かれて、あまり値段を気にしないのでしたら、やはりこの値段帯をおすすめします。一流メーカー製で非常に無難な選択です。

1万円以下の製品は明確に性能が劣りますし、
一番おすすめでコスパの良い1万円台の製品も玉石混交なので選ぶ目が必要です。

一方、有名メーカーのメイン価格帯の製品群になってくれば、品質に大きなバラつきがないため、安心して選ぶことが出来ます。

1万円台のものと大きくは性能は変わらない

1万円台の記事でも解説していますが、製造コストの関係から売値で数千円のフレームハードは明らかに質が劣る場合が多いのですが、1万円台半ばになればかなり性能の高いものがあります。

ファスナーハードもソフトケースも、一部の高いだけの粗悪品を除くと、1万超えになれば性能的には十分なものが多くなっています。

もちろん、メーカー側も価格別に差別化をしていますので全く差がないわけではありませんが、多くの人は強度・軽量性共に1万円台後半くらいの製品で十分に満足できるはずです。

むしろ、1万円台の良コスパのモデルと2,3万円台の有名メーカー製の違いは、作りの丁寧さやチェックがしっかりしているかなどという点になります。

設計上の性能差は大きくはありませんが、中国で製造して輸入してから国内で全品検査を行っているか否かなどで仕上がりに若干の差異が出てきます。1万円台だと少し傷があったりするのが当たり前だったりします。使用上は全く問題ありませんが。

それでも2,3万円台の製品でも時々傷がある個体があったりもします。この価格帯でも結局は製造は中国など海外の工場になりますので、完璧なものを求めるなら4~6万円台の日本製のスーツケースを購入するしかありません。

ということで細かいことまで気にしない方は1万円台のコスパに優れたモデルが一番おすすめで、完ぺきを求めるなら更に高い4万円以上の日本製のスーツケースを購入するしかありません。

2万円~の有名メーカー製は、製造は中国等で1万円台の製品と値段ほどは性能が違わないものの、全数品質チェックなどメーカーがしっかり品質管理を行っているという、バランスの取れた製品になります。

どのブランドどのメーカーを選べばよいのか

高すぎず一定以上の品質を備えたこの価格帯の製品を選ぼうとした際に、どのような基準で選ぶことが重要なのでしょうか。

やはり、せっかくこの値段を出すのですから、きちんと値段分の性能と品質を持った有名メーカー製の製品を選ぶのが重要です。

最近はショップブランドでありながら、2,3万円台の値段を付けている、おいおい高過ぎるだろうという商品も散見されます。ネットショップならば陳列しておくのは無料なので、売れればラッキーくらいの値付けなのでしょう。

これだけの値段を出して届いたものが1万円台と変わらないものでは面白くありませんので、一流のメーカー製にしましょう。ショップブランドの製品であれば1万円台で十分です。

おすすめのモデルは

個人的には、いくら高くても壊れるときは壊れるので、2万円以上のスーツケースは購入したくありませんが、お金を気にせず良い物を持ちたいという方のためにこの値段帯のおすすめモデルをご紹介いたします。

この値段帯になれば品質の大きく劣るものは少ないので、有名なメーカーやブランドのものであれば、どれを選んでも大きく外すことはありません。

ただ、1万円台の商品でも確かなものを選べば十分という現実がある中、あえて2万円以上の商品を選ぶのであれば、超高性能キャスターや超軽量性などの付加価値が欲しいところです。

この値段を出すだけの価値がなくてはいけません。中には値段だけ高くて中身は1万円台の優良商品と変わらないというものもありますので、しっかり性能で選びましょう。素人が見た目だけで判断するのは難しいですが・・・


老舗鞄メーカーの協和が手がけるトラベリストブランドの商品です。トラベリストはかつてはエース鞄が手がけていましたが、今では協和が監修しています。プレミアムモデルのため、ボディ、フレーム、各パーツ共に高強度で仕上がっていて、安心して使用することができます。特に医療用の技術を採用した高性能なサイレントキャスターの走行性は圧巻です。せっかくこの価格帯の商品を求めるなら、このくらいの圧倒的な機能や特徴がある製品がおすすめ!

●医療用ストレッチャーの技術を応用した超高性能サイレントキャスターを採用
●老舗鞄メーカーの協和の企画で、世界的なブランドも製造する下請け工場で高品質製造
●高性能ポリカーボネート素材である帝人化成のパンライトを採用
●深溝フレームと無理に軽量化しすぎない程度な厚みのボディで耐久性が高い


サンコー鞄の世界最軽量のフレームハードケースです。
驚異的軽量性で、フレームタイプにもかかわらず、ソフトケース並みの軽さです。値段は少々高く3万を超えますが、性能と軽量性は目を見張るもがあります。ただ、あまりにも軽量化がいき過ぎている気がしますので、出張で使う方や年間何度も繰り返し使うヘビーユーザはもう少し分厚いもののほうがおすすめです。。

●フレームタイプのハードケースとしては他に例の無いほどの驚異的な軽量性
●高強度・高耐久性で知られるグリスパックキャスター採用
●頑丈なマグネシウムフレームに超軽量のポリカーボネートのボディ


この記事が役に立ったら"いいね"をポチッ!