このページのポイント

プロテカは最大手の鞄メーカーであるエースの最上級ブランド
中国製がほとんどのスーツケース業界において日本製を貫いている
作りの良さはあるが中国製より耐久性が大幅に優れるわけではない
3年間保証が付帯するがこれは世界で一番厚い保証となっている
性能と価格で考えると国内メーカーの中国製モデルの方がコスパが良い

エース鞄の日本製スーツケースProteca(プロテカ)について

プロテカは日本最大手の鞄メーカーであるエース株式会社のトラベルバッグのブランドです。

エースの旅行かばんは、プロテカの他にも、ace.(エース)、ワールドトラベラー、ジュエルナローズ、ハントなど様々なブランドで展開されています。
数あるエースのトラベルケースのブランドの中でも、プロテカは最も高価なフラッグシップブランドです。

エース鞄というと日本製のスーツケースを頑なに作り続けているというイメージが有りますが、実は多くのモデルは中国の工場で製造されています。日本製なのはプロテカや、他のブランドの中の高価なモデルのみとなっています。

エースといっても高価な日本製のモデル以外は至って普通で、他のメーカーも生産委託しているような中国の工場で製造されています。以前とある微妙な品質のスーツケースメーカーの方にお話を聞いたところ、うちはエースから製造委託されていると言っていました。このレベルの会社があのエースの下請けをやっているのかと驚きました。

また、エースのキャリーバッグを買って使ったところ1回で壊れたという方の話を聞いたことがあります。高価だったのに1回で壊れたのでエースに連絡したところ保証はないとあしらわれ、非常にがっかりしていました。

高性能なスーツケースでも運が悪ければ1回で破損させられることも珍しいことではないので、1例だけでエースの品質を論じることは出来ませんが、エースだからすべての製品が優れているわけではないのです。

その点、フラッグシップブランドであるプロテカは全てのモデルが北海道の赤平工場で製造される日本製であり、3年間の保証も付いているのです。値段は非常に高価ですが、お値段さえ除外して考えれば非常に素晴らしい性能のスーツケースとなっています。

プロテカは品質が素晴らしい

プロテカの最大の特徴は、国内の工場で生産が行われているという点です。世界的な大手メーカーを含め多くのメーカーは中国などの工場に生産委託しています。

中国の工場が悪いというわけではなく、先進国のメーカーが監修して中国工場で生産する分には品質の問題はありません。(ノーブランドの中国製スーツケースは相変わらずひどいものも多いですが)

ただ、世界的大手メーカーが企画して中国工場で製造したものでも、日本のモノ作りに比べるとだいぶ歩留まりが悪く、結構な割合で不良品が混じっています。企画した国内メーカーが品質チェックで弾いているので問題はないのですが、たまに見逃されてお客さんのところに届くことがあります。

また、パーツを取り付ける位置が少しずれていたり、使用する分には問題がないものの少し作りが荒かったりします。有名メーカー製でも作りの粗が目立つ個体もあります。このあたりは個体差が大きいですが。

その点、国内工場で製造されているプロテカはさすがの品質です。ただ、作りの良さはともかく、原材料は同じような化学メーカーのポリカーボネートなどを使い、同じようなパーツメーカーのパーツを使っているので、強度が中国製よりも大幅に勝るということもありません。

日本製≧中国製という感じで、強度自体は日本製が国内メーカー企画の中国製と比べて大幅に優っているというわけではないのです。

プロテカは保証が凄い

プロテカは保証も厚く、3年間の保証が付帯しています。スーツケースには保証が付いていないメーカーが多く、ショップが独自保証を付けて対応したりしているのが現状です。

リモワやサムソナイトなどの世界的に有名なメーカーは長期の保証が付いていたりしますが、これが実は実質的に保障が無いような使いものにならない内容なのです。

スーツケースの破損は非常に頻繁に起こります。 その99%は空港で航空会社に預けた際に起こります。海外の空港での荷扱いは非常に荒く、投げたり引きずられたりで旅行カバンは大きなダメージを受けます。 その時破損まで至らなくても、ダメージは蓄積されていき、
www.suit-case.net

多くのショップ保証や、サムソナイトやリモワなどの保証とは違い、プロテカの保証は航空会社に預けて破損された場合などにも保証してもらえる、真の保証といえます。

破損の99%を占める航空会社に預けた時に起こる故障を保証しているのは、高い耐久性と品質に自信があるからでしょう。まあ高価なため保証できるという側面もありますが。

スーツケースの破損は切っても切れないものですので、ハードに使うヘビーユーザーほどこういった保証はありがたいものです。

買う価値はあるか

プロテカが素晴らしいスーツケースであることを述べてきましたが、それでは手放しでおすすめできるのかというとなかなか難しいところです。

前述のとおり、日本製であるプロテカと、国内の一流メーカーが企画して中国で製造したものを比べると、耐久性に大きな差があるわけではないのです。

中国工場で製造するといっても、使う素材は日本やドイツなどの一流化学メーカーの樹脂を使い、加工する工作機械も日本の工作機械メーカーの装置が使われていたりします。

スーツケースの製造は、最終的にパーツを取り付けたりする組み立て以外は全て工作機械が全自動で行っています。(一部の工場ではフレーム曲げなども工員が手動でやっているところもあるそうですが)

したがって、ボディ強度などは中国製でも日本製でもあまり変わらないのが現状です。耐久性というよりも作りの良さが日本製のメリットでしょう。

となると、問題は耐久性が大きく違わないのに、大幅に高い日本製を選ぶのかどうかということです。プロテカは素晴らしいスーツケースですがはっきり言って非常に高いです。

日本のメーカーの製品で中国工場で製造されたスーツケースは2万円~3万円程度が多くなっていますが、プロテカは4,5万円します。お値段約2倍です。

いくら良いものとはいえ、同じような鞄が2倍の値段がするのは高すぎます。ましてや、十分な性能を持った良コスパのスーツケースは1万円台で購入できるのです。こうしたものと比べると3倍のお値段です。

以前は私は2,3万円台の有名メーカーのメイン価格帯の製品群をおすすめしていましたが、やはりどれだけ高いものでも壊れるときは壊れますので、安めの良い製品を購入しておいて壊れたら買い直すのが一番良いと考えるようになりました。1万円台のスーツケースはコスパが最高
www.suit-case.net

そう考えると非常に高価で、なかなか積極的にお薦めできないところはあります。ましてやスーツケースという破損と隣り合わせの商品ですので、一定以上の水準の強度を満たしたものならなるべく安いもののほうが良いのです。

ということでプロテカをおすすめできるのは、使用頻度が多く3年間保証の恩恵に預かれるヘビーユーザーか、お財布に余裕があり値段を気にせずに少しでも良い物が欲しい富裕層ということになります。

どうしても日本製のスーツケースが欲しいということであれば、エースのプロテカ以外のブランドならもう少し安く購入できます。

一番安く購入できる国産ハードケース(フレーム)はこれだ 大手では唯一日本で多数のモデルを製造しているエース鞄の中から一番安いモデルです。 それがace.TOKYOブランドのランターンFです。ace.TOKYOレーベルの全部の商品が日本製ではないところには注意です。
www.suit-case.net

おすすめモデル

数あるプロテカのモデルの中からおすすめのスーツケースをご紹介します。通常はファスナーハードよりもフレームハードのほうが高価な傾向にあるのですが、元々高価なプロテカはフレームとファスナーの値段差がほとんどありません。フレームのほうがお得なのです。むしろファスナーのコスパが悪すぎるという見方もできますが。


第一位 プロテカ レクト

エース鞄のフレームハードケースプロテカレクトです。下で紹介しているエキノックスライトαは、あまりに軽すぎて強度が心配なのと、あまりにも高すぎるので、こちらのレクトで十分な気がします。

●貴重なメイドインジャパン。大手メーカーで日本で作っているのはエースだけ。
●厚いフレームに割れにくいポリカーボネートのボディ
●体感音量を30%削減した4輪サイレントキャスターを搭載


第二位 プロテカ エキノックスライトU

いわずと知れた国内有名メーカーのエース鞄のフラッグシップモデルです。
このエース鞄というメーカーは2004年までサムソナイトをライセンス生産していたメーカーです。中国などの工場に生産委託するメーカーが多くを占める中、安価なモデルを除いて国内自社工場で生産を行っているメーカーです。
フラッグシップモデルではあるのですが、あまりにも高すぎるので破損したら怖いところではあります。また軽量性が行き過ぎな気もします。どうしても軽量なものを望むのでなければ、上で紹介したレクトで良い気がします。

●フレームタイプのハードケースとしては最高レベルの優れた軽量性
●貴重なメイドインジャパン。大手メーカーで日本で作っているのはエースだけ。
●体感音量を30%削減した4輪サイレントキャスターを搭載


この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!