このページのポイント

内側が平らなのがインナーフラットで外側が平らなのがアウターフラット
好みの問題もあるが基本的にはアウターフラットのほうがオススメ
内側が平らでも、外側に出っ張るので体積的に有利にはならない。
外側に出っ張っていると、その部分がダメージを受けやすくなる。

インナーフラットとアウターフラット

スーツケースを選んでいると、時々「インナーフラット」と記載されているモデルを見かけます。インナーフラットとはどのようなスーツケースなのでしょうか?

インナーフラットのスーツケースは、内側に大きな出っ張りがなくフラットな内装になっているスーツケースです。

スーツケースは完全な箱型ではなく、内側に様々な出っ張りがあります。最近の限られたサイズ内で容量を最大化する設計のモデルでは、キャスターをボディに食い込ませた形状になっていて、その分内側が出っ張っていたりします。

そして最大の出っ張りといえば、何といっても伸縮ハンドルを縮めたときにポールを収める鞘の部分です。伸び縮みするキャリーバーは、今やキャスターの2輪4輪を問わず標準装備されていて移動の際は非常に便利ですが、預ける時にはこれを縮めてスーツケースの本体内に収納する必要があります。

この縮めたキャリーバーを収めておく鞘の部分が、スーツケースの内側に出っ張っているのです。体積的には大したサイズでない出っ張りでも、メインの収納スペースの中央部に2本の出っ張りがあるので、なんとなく邪魔に感じます。

これを嫌がる人も多く、この欠点を解消するために登場したのがインナーフラットのスーツケースというわけです。キャリーバーを収めておく鞘をボディの外側に出っ張らすことで、内側を完全なフラットにしているわけです。

ソフトタイプのキャリーバッグには見られない構造です。ファスナー・フレームを問わず、ハードケースのみに見られる構造です。

ちなみに今説明したようなキャリーバーを収納するために内側が出っ張っているモデルをアウターフラット呼びます。内側に出っ張っているので、逆にボディの外側はフラットになっています。

どちらがオススメなの?

内側を平らにするために外側に出っ張っているインナーフラットと、外側を平らにするために内側が出っ張っているアウターフラットはどちらが良いのでしょうか?

何れにせよどちらか側が出っ張っているわけですから、好みの問題になります。結局どちらかが出っ張るので容量的にどちらかが有利ということがありません。

あくまで好みの問題ですが、私は圧倒的にアウターフラットをおすすめしています。わざわざインナーフラットを謳っていない普通のモデルはアウターフラットなことを考えれば、どちらが良いかは一目瞭然です。

たしかに内側の出っ張りは気になります。内側が平らなのは非常に見た目にも気持ちがいいのは確かです。しかし、インナーフラットにはメリットだけではなくデメリットも多いのでよく考える必要があります。

インナーフラットのメリット・デメリットについて

内側を平らにするためには、キャリーバーを収めるための鞘の部分を外側に出っ張らせないといけません。そのためインナーフラットのモデルは、ボディの一部キャリーバーの近くが外側に出っ張っています。

キャリーバーを収納するための部分だけが外側に飛び出ているため、157センチ以内の規定ギリギリのモデルの場合は出っ張っている部分もサイズにカウントされてしまうため、かえってアウターフラットより容量的に不利になってしまいます。
157センチギリギリではなくても、外側に出っ張っているために実際の容量よりも大きく見えてしまうというデメリットがあります。

内側が平らだとはいえ、その分外側に飛び出しているわけですから、実際のサイズ以上に多く収納できるという魔法ではないのです。

また、最大のデメリットとして、外側に飛び出た部分がダメージを受け易いという点があります。出っ張っている部分の形状にも依るのですが、この部分が割れるケースが多いように感じます。

ハードケースのボディ割れは一番多い破損ですが、多くの場合はコーナー周りやキャスター周りに亀裂が入ることが多いのですが、ボディのリブの形状によっては出っ張った部分が割れることが多くなっています。

内側を平らにするために外側に飛び出たキャリーバー収納スペースの部分も、この例に漏れず割れやすくなっています。滑らかにボディ全体がキャリーバーに向かって盛り上がっているような形状はまだ良いのですが、出っ張りを最小限にしようとキャリーバーの収納部分だけがボコっと飛び出ているような形状がダメージを受けやすいのです。

ハードケースのボディは、変に派手にリブが付いていたり一部分が飛び出ているよりも、強度上必要な最小限のリブを付けて余計な出っ張りがない方がダメージを受けにくいのは確かです。そういった意味では、外側にキャリーバー収納スペースが飛び出ているインナーフラットはあまりよろしくないのです。

内側が完全に平らなのは大きな魅了ではあるのですが、メリット・デメリットをしっかり考えてインナーフラットのモデルを選ぶ必要があります。特にこだわりがなければインナーフラット・アウターフラットにこだわらずにモデルを選ぶのが良いでしょう。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」をポチッとお願いします!