TSAロックはアメリカ領の空港への渡航や乗り換えで必須です

このページのポイント アメリカ(ハワイ等を含む)の空港を利用する場合は、鍵をかけてはいけない。 TSAロック採用のスーツケースなら、鍵をかけて預けられる。 現在の旅行カバンはほとんど全てのモデルがTSAロックになっている・・・

オーバーウェイトで追加料金!スーツケースの重量は軽量が良い

このページのポイント 軽さは強度と双璧をなす重要なポイント! 預けられる荷物には重量制限があり、オーバーすると高い超過料金がかかる。 超過料金を払うなら、少し高くても軽いスーツケースを購入したほうが良い。 ただ、あまりに・・・

性能には関係ないスーツケースの内装を選ぶポイント

このページのポイント 内装は強度などに関係ないので、好みのものを選べばよい。 内部を洗えないので、淡い色だとだんだん汚れが目立つようになる。 インナーフラットは優れているわけではない。 ハンガーとハンガーフックの有無は、・・・

スーツケースおすすめボディカラーと人気色について

このページのポイント 色は強度にかからわないので好きなカラーを選べば良い 地味系が定番だが最近は色とりどりの派手系カラーも人気がある 汚れの目立ち難さを考えると色の濃い地味系のカラーがおすすめ スーツケースおすすめボディ・・・

メーカーによって表記が違う?スーツケースのサイズについて

このページのポイント サイズ表記は各社マチマチなので、リットルで表される容量で大きさを選ぶ。 大は小を兼ねない。あまり大きすぎるものは移動の負担になる。 自分の体格に合ったスーツケースを買い、荷物の量をそれに合わせるのが・・・

見分けやすく強度補強にもなるスーツケースベルトについて

このページのポイント スーツケースベルトを巻くことは必須ではないが、巻いて不都合はない。 巻いておけば、鍵が壊れても、荷物をぶちまけるリスクを軽減できる。 安いものでも高いものでも性能はあまり変わらない。 正しく巻かない・・・

機内持ち込みサイズのスーツケースの選び方【3辺の和が115cm以内】

機内持ち込みサイズのスーツケースについて 一定のサイズ以下の荷物は、機内に持ち込むことができます。 ほとんどの航空会社で、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内 (かつ55cm×40cm×25cm以内)の荷物を機内に持ち・・・

トップオープンやフロントオープンなど外ポケット付きキャリーバッグとは

このページのポイント メインの荷室を開かなくても小物を出し入れできる外ポケット付きのモデルもある フロント開きとトップ開きがあるがトップオープンのほうが使い勝手よし スーツケースを立てたまま簡単に小物を出し入れできるのは・・・

国内旅行用おすすめスーツケースとキャリーバッグの選び方

このページのポイント 飛行機での国内旅行なら海外旅行と同じような基準でモデルを選べば良い バスや鉄道旅行なら壊れる恐れが低く、飛行機のように強度を気にしなくてもOK! 国内は治安も良いので、防犯性に優れたフレームではなく・・・

キャリーバッグが破損させられたり壊れたりした場合について

このページのポイント スーツケースが破損するのはほとんどが航空会社に預けた時。 破損して出てきた場合は、すぐに届け出れば航空会社で保障してもらえる。 旅行保険やクレジットカード付帯の保険でも修理できるものもある。 破損し・・・

壊れたスーツケースを修理する方法とかかる費用

スーツケースの破損と修理について スーツケースは空港で乱雑に扱われ破損して戻ってくることがあります。 万が一、破損して戻ってきた場合は、どうすればいいのでしょうか。 スーツケースというものは予想以上に破損することが多いも・・・

長持ちさせるためのキャリーバッグの正しい使い方

このページのポイント 4輪のスーツケースは4輪で走行するのが基本。 2輪で走行するときは、スーツケースを倒し過ぎないように注意! キャスターに異物が絡んだまま走行していると壊れるので注意! 鍵とスペアキーは、キーケースと・・・

正しいスーツケースのメンテナンスと保管方法

このページのポイント 汚れを落とすのは濡れ拭き空拭きに止め、ボディを溶剤を使って磨かない。 シールは無理に剥がさず、ドライヤーなどで暖めてゆっくり剥がす。 キャスターにガムや糸くずなどを巻き込んでいないか定期的に確認。 ・・・

エース鞄の日本製スーツケースProteca(プロテカ)はおすすめ?

このページのポイント プロテカは最大手の鞄メーカーであるエースの最上級ブランド 中国製がほとんどのスーツケース業界において日本製を貫いている 作りの良さはあるが中国製より耐久性が大幅に優れるわけではない 3年間保証が付帯・・・

日本製で一番安いスーツケースはどのメーカーのどのモデル

このページのポイント 日本製は一部メーカーの一部モデルのみなので選択肢が狭い 一番安い日本製フレームハードケースはace.TOKYOのランターンF 一番安い日本製ファスナーハードケースはace.TOKYOのウィスクF 安・・・

スーツケース各モデルの一番大きな特大サイズはダメ

スーツケース各モデルで最大の特大サイズはオススメできない スーツケースのサイズ選びって結構迷いますよね。 短期渡航なら小型、長期渡航なら大型。どちらが良いのやら? まあ、迷ったら一番大きいサイズを買っておけば、どんな渡航・・・

LCCに機内持ち込みできるサイズのスーツケースとは

このページのポイント LCCの機内持ち込みは115センチ規定以上に厳しいので注意! 国内の主要LCCではH56×W36×D23cm以内の規定が多い なかなか条件に適合した商品がなくモデル選びは選択肢が少ない LCCのスー・・・

座席数100席以下の小型機に機内持込できるキャリーバッグについて

このページのポイント 座席数100席以下の小型機に持ち込めるのは3辺の和が100センチ以内 100センチのキャリーバッグは20リットル台前半の容量であまりに小さい キャスター付き旅行カバンよりリュックサックも検討したほう・・・

SSサイズの超小型スーツケースを買うくらいなら背負うリュックサックのがおすすめ

このページのポイント 一般的にSSサイズのスーツケースは30リットル以下の超小型サイズをいう 30リットルを大幅に割るようなサイズならリュクサックの方が良いかも 機内持ち込み目当てなら40リットル前後のモデルもあります ・・・

人気のサムソナイトのスーツケースっておすすめできますか?

このページのポイント 2004年まで日本製だったが現在は中国製 昔はブランドだったが今はプレミアムブランドして認識されていない 同じ工場で生産されていてもっと安モデルはいくらでもある サムソナイトのスーツケースってどうな・・・